名波君、望月君インタビュー

 3月に卒業した特進コースⅡ期生で,静岡大学・教育学部に合格した名波 聖矢君(初倉中学校出身)と広島大学・生物生産学部に合格した望月 匠峰君(吉田中学校出身)にインタビューをしました。

Q:合格発表はインターネットで? その時の気持ちは? 受かると思っていた?
名波:いやあ,五分五分でした。私大で受かっていた立命館大学か,公立大学中期日程の都留文科大学を受けようかなって考えていた矢先に受かったんで,本当に嬉しかったです。もう震えてきました。
望月:僕は余裕というか,自信はあったんですが,覚えていた受験番号が間違っていて,見た時になくて・・・。それでもう一度受験票で見たらその番号があったんで,“オエ~~!”って,叫びました。それを外で聞いていた親は落ちたと思って・・・。

Q:静岡大学、広島大学の2次試験は?
名波:静大(教育)は,英語だけでした。中学時代に苦手だった英語を得意科目に変えて,勝負しました。実は当日時計を忘れてしまって,ちょっと焦りが出てしまって・・・。
望月:広島大(生物生産)は,数学,物理,化学,英語です。物理はちょっと手こずりましたが・・・。まあ後はうまくいきました。

Q:センター試験はどうだったの?
名波:出だしが得意な社会からだったんで,不安というよりも「やってやるぞ!」っていう,武者震いに近いような感じでした。
望月:当日は緊張で・・・。僕はマーク式の方が苦手だったので,震えてました。でも実際問題を解き始めたら落ち着いてやれたんです。

Q:この3年間どんな勉強をしてきたのかな?
名波:受験生って結構時間があって,すきま時間に何回も何回も覚えて。繰り返すのが大事でした。

望月:英単語は発音して,歩いて,ちょっと手振りも付けて覚えました。部屋の中をグルグルグルグル回っていましたよ。

Q:手ぶりって何?具体的に教えてくれる?
望月:恥ずかしいから嫌ですよ。・・・(ここだけだからと,ちょっとしつこく頼むと)・・例えばlawyer(弁護士)だったら弁護士風に眼鏡を持ち上げながら発音したりして(笑)・・・そこを親に見られたわけですよ。それから変人扱いされています。(笑)
名波:僕もよくわかります。手ぶりはありませんが,部屋でボソボソ声を出して覚えていると,「さっきから独り言を言って気味が悪いな」って心配されました。
望月:高校に入学したとき,勉強は嫌いだったんです。でもここに入って,ビリになるのは嫌で勉強を始めました。それでやっていたらだんだん面白くなってきて,徐々に勉強時間が伸びていきました。
名波:1年の時から彼(望月)は一人だけ際立っていましたね。こんなに勉強して身体壊さないのかなあって,でも逆にそこから刺激を受けてきました。

Q:名波は苦手科目を高校に入って得意科目に変えたっていったけど・・・?
名波:ずばり意識の切り替えだと思います。僕は特進に入ってから何か一つ得意なものを作りたいなって思っていたんです。英語は一番重要だって聞いていたんで,苦手な英語を頑張ってみるかって思いました。初めは授業を聞くのが精いっぱいだったけど,ちょっと先取りして予習を進めていくと余裕が生まれて,授業を聞いていてもよくわかるようになってきたんです。結局得意か不得意かの違いは,勉強をやったかやらなかったかの違い程度だってことになりますね。

Q:高校を選ぶ中学生に一言。
名波:やはり勉強に集中したいと考える人は,ここの少人数クラスは先生との距離も近いし,非常に有効だと思います。塾に行かなくてもいいっていうのもあります。秀英予備校のweb講義が塾代わりになっていました。
望月:その高校でやれることを調べておくことが必要だと思います。そのためにはオープンスクールに行って,在校生に話を聞くのが大事だと思います。また勉強量は早い段階で増やしておいた方がいいですね。いきなり増やそうとしても無理ですから。まずは量を増やし,身体も心も受験勉強に慣れていかないといけないと思います。

2014-5-2 DSCF85181
インタビューを受ける名波君(左)と望月君(右)


平成25年度より前の特別進学コースのトピックスはこちらから