特進コースで大学の先生による「出前講義」を実施しました

11月21日(土)に、特進コース1,2年生を対象に、大学の先生の「出前講義」を実施しました。今回は、新潟大学・工学部・助教の棚橋重仁先生に来校していただき『ヒトはどうやって「方向」や「空間」を知覚するのか?』というテーマの講義を、90分間受講しました。視覚工学の「身近な物の見え方について」の話だったので、生徒達も熱心に聞いていました。質疑応答の場面では、45分間、多くの生徒からいろいろな質問が出ました。この企画が「大学で何の勉強をしたいのか」を考えるきっかけになってほしいと思います。
画像の説明
                  棚橋重仁先生
画像の説明
              特進コース1,2年生(総合教室1)